姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編【クンニがいやらしエロ画像入りネタバレ】

姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編【まとめ】

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

姉はヤンママ授乳中in熱海編の画像入り・ネタバレ

その日は結局3発やって、くたくたになってホテルを出ました。彼女はスキップする程機嫌がよかったのを覚えています。

 

ちなみに艦隊これくしょんのコスプレをしたときは非常にセックスしにくくて苦労しました。

 

コスプレ趣味な方にもあまりおすすめできません。

彼女の仕事が忙しい時にどうしても終電の間に合わない時があります。

 

そんな時には私が彼女を迎えにいき、彼女の家まで送り届けていました。

 

ある日、彼女から連絡が来てどうしても終電までに仕事が終わりそうにない。と連絡がありました。

私はいつものように彼女の会社の近くまで車で迎えにいきました。

 

到着して5分くらいで彼女が会社から出てきました。

 

コンビニに寄って夕飯を買いました。

 

彼女はおむすびを食べて、やっと落ち着いたという感じでした。

そこからは楽しく話をしていたのですが、私はどうしてもエッチがしたくなりました。

 

彼女に「ねぇ、エッチしたい。」と言うと彼女が「え〜、だって今からラブホとか行けないよ。」と言いました。

 

確かにもう12時を過ぎているのでラブホに行くのは無理です。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
▼▼お試し読み▼▼

 

姉はヤンママ授乳中in実家編の画像入り・ネタバレ

そこで私は道路沿いの24時間営業しているスーパーの駐車場に入りました。

 

さすがに12時過ぎると人も少なくなるので、駐車場にも車がほとんどいません。

 

私は少し影になっているところに車を停めました。

 

彼女が「ここでするの?見えない??」と言ったので「大丈夫だよ。

全然車いないし」と言いシートベルトを外して彼女にキスをしました。

 

スーツ姿の彼女はいつもと違いエロかったです。

 

キスをしながら彼女あ私の上に対面で乗っかって来ました。

タイトスカートから太ももが露わになり、私は手のひらで太ももを触りました。

 

彼女に「ストッキング、破いてもいい?」と聞くと「今日だけね。」と許可が下りたので私は両手でストッキングを破いても彼女の中を触りました。

 

もうトロトロになっていていつでも挿入OK。という感じでした。

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
▼▼お試し読み▼▼

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です