【画像入りのネタバレ】姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編※熟女の過激なエロ漫画

姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編【まとめ】

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

姉はヤンママ授乳中in熱海編の画像入り・ネタバレ

彼女が私の方を振り向き「もうダメ、中に入ってエッチしよ。」とエロい顔して言いました。

 

私は彼女の耳元で「せっかくだから花火見ながらエッチしようよ。」と、ミニスカートから手を入れました。

彼女は少し抵抗しましたが、私は無視して下着を下ろしそのまま挿入。

 

あまりの気持ちよさにいきそうになりましたが、そこは我慢して腰を動かしました。

後ろから入れたので彼女がどんな顔をしているのかは見えないのが残念に思い、一回私のものを抜いて彼女をこちらに向け今度は向き合って挿入しました。

 

彼女の気持ち良さそうな顔をしながら結構大きな声で喘いでいました。

私は「下にいる人たちに声が聞こえるかもよ。」と彼女に言いました。すると彼女は「だって我慢できないんだもん。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
▼▼お試し読み▼▼

 

姉はヤンママ授乳中in実家編の画像入り・ネタバレ

 

仕方ないじゃん。」と言い私に抱きついてきました。

 

その可愛い彼女の行動に興奮してしまい、また激しく腰を動かしてしまい気づくと中で出してしまいました。

立ったままエッチしたので太もものあたりが疲れてピクピクしていました。

 

しかし、私のものは元気だったで花火を見ながらまた彼女の中に入れていました。

 

そしてたまにピストンして彼女をいく手前まで持っていきまた動きを止める。という意地悪をしたり、お酒を飲んだりして花火大会を楽しみました。

 

その時も結局最後は中で出したので、彼女の太ももまで私の出したものが滴り落ちてきていました。

 

花火大会が終わってからはベッドでしっかりと朝までエッチして仕事に行く毎日を送っていました。

 

朝までエッチして仕事に行くという生活を一週間続けるとさすがに疲れました。

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
▼▼お試し読み▼▼

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です