姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編【人妻の巨乳ママがエロすぎる漫画】無料の画像入りネタバレ!!

姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編【まとめ】

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

姉はヤンママ授乳中in熱海編の画像入り・ネタバレ

僕の彼女は姉御肌なためか、しょっちゅういろいろな方から相談の電話がかかってきます。

 

彼女はSNSよりも電話が好きなので、いつも長電話をしています。

 

2人でいるときに電話がかかってくると、僕はすることがないので、いつも1人でテレビを見ているか暇つぶしをしなければなりません。

ある日の夜、2人でいると、いつものように電話がかかってきました。

 

仕事の電話ならともかく、この日はどうやらプライベートな電話でした。

 

しかも、相手の方は僕も知っている女性でした。

普通の日常生活での会話が長い時間続いていました。

 

僕はいつものように暇だったので、トイレに行った後で、部屋に戻ってきたときにいたずらをすることにしました。

 

最初は彼女の背後に回り、おっぱいをもみだして彼女のシャツをめくり、おっぱいをしゃぶりだしました。

同時に、彼女の下半身を責め始めました。

 

彼女は電話の最中なので、喘ぎ声を出すわけにもいかず抵抗もできず、必死に耐えようとしていました。

 

呼吸が荒くならないように我慢しながら電話で話続けていました。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
▼▼お試し読み▼▼

 

姉はヤンママ授乳中in実家編の画像入り・ネタバレ

下着の上からバイブをあてながら、さらに攻め立てました。

 

バイブの音が電話に入らないようにしながら攻撃の手は緩めませんでした。

 

彼女も片手でバイブの攻め立てを防ごうと抗いながら電話を続けました。

 

しかし、その抵抗もあえなく、下着はびしょびしょになってきました。

下着のわきから、指を入れ、Gスポット周辺をさらに刺激しました。

 

さすがに、彼女も我慢できなくなってきているようでした。

 

頃合いを見計らって彼女は電話を切りました。

 

「ちょっとだめぇ~、卑怯よぉ~」しかし、下半身は正直でした。

すぐに、大量の潮を吹きだしました。

 

その後は、すぐに本番行為が始まりました。

 

バックや騎乗位、駅弁など、あらゆる体位を試してみました。

 

彼女も快感を味わっているようでした。

 

「気持ちいい~」と何度も叫んでいました。

 

行為が終わるとあたり一面は彼女が吹いた潮で水浸しになっていました。

 

「もぉ、電話中はH禁止でしょ~」と、怒っていたようですが、我慢しながらのHはいつも以上に興奮するようでした。

 

相手に音が聞こえているのかどうかわかりませんが、相手も気づいていないようなので、こういったことは今までに何回かやったことがあります。

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
▼▼お試し読み▼▼

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】チンジャオ娘
▼▼お試し読み▼▼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です